自家製キャベツ焼を設けるのにこだわっている。

俺は、大阪生地なのですが
大阪には粉一品伝統が根付いてある。

他府県の顧客が
大阪の食べ物をイメージすると、まるで出てくるのが
「お好み焼き、たこ焼き」だ。

ですが、大阪には「キャベツ焼」と呼ばれる食べ物があります。
俺は、昔からスクール帰りには近くの駄菓子屋をめぐって「キャベツ焼」を食べていました。

「キャベツ焼」は他府県では「最初銭焼、洋食焼」などの呼ばれ方をしていると思います。

知らない方もいると思うので説明させて下さい。
小麦粉を水で溶かして、小さく伸ばしたマテリアルを焼き
その上にキャベツや玉子をのせて、原点を付けて摂るお輩だ。

昔は80円で売られていたのですが
最近では140円、会社によっては180円ほどで
ちょっと高級なおやつになっている印象があります。

社会に出てからは、召し上がる機会も減りましたが
ショップの有志機会で、子供たち限定で不要屋台をもたらす事が決まりました。

それが、きっかけで屋台にキャベツ焼を出して
子供たちに喜んで貰おうって創り始めました。

キャベツ焼自体は簡単なメニューですが
「簡単だからこそ整理もし易いメニュー」だ。

本当に、作ったのがマテリアルに山芋を入れてフワリとして
キャベツの上にキムチを載せた「キムチキャベツ焼」を作りました。

これは凄い好評で、不要屋台ではキムチが嫌いなちびっこも
おいしい!と言ってくれて満足のいく質でした。

作ったメニューを食べて貰えて、うまいと言ってもらえて
ひどく望ましい思いになりました。

これからも色々な整理キャベツ焼を作って赴き、大勢に食べてもらいたいですね。顔の赤みに効く化粧水はこちら